未分類

パインの精油はヨーロッパアカマツから採取したもので、森林浴をしているような清々しい心地よい香りを醸し出します。精神的な疲れを取り除き、リフレッシュさせてくれる力強い香りでたちまち元気にしてくれそうです。

 

古代のエジプトやギリシャで、肺疾患や気管支炎などに効果があるとして使用されてきました。殺菌作用や呼吸器系の痛みの軽減、鼻詰まりなどの改善に役立ち、また湿疹や皮膚の炎症などには抗炎症作用があるため、肌への効果も期待できます。

 

ただし肌への刺激があるので、肌が弱い人は使用量を控えたほうが良いかもしれません。またパインには数種類の精油があり、効能や香りが異なるので、パインの学名を確認したうえでの購入をお勧めします。

 
パインの精油には血液の循環を良くし、体を温める効果があるため、筋肉痛やコリの緩和にも効果を発揮します。

 

筋肉痛やコリを感じた時にはパイン精油と他の精油をブレンドし、トリートメントオイルを作ってマッサージするのも効果的です。

 

ローズマリー、ラベンダーなどの精油はパイン精油同様、筋肉のこわばりを緩和し痛みを鎮める作用があり、香りの相性も良いのでブレンドしやすいでしょう。

 

また、スイートマジョラムも血行を促進し、筋肉痛やコリを和らげるほか、不安やストレスを軽減する鎮静効果もあるので、スイートマジョラムとパインの精油のブレンドは、就寝前のマッサージとして使うのがお勧めです。

アロマオイルには様々な効能があります。

 
その時々の体調や気分にあわせて調合することで効果を実感することが出来ます。

 
生活の中にアロマの香りを取り入れる事で安定した精神力を保つ力添えとなります。

 
リラックス効果の高いオイルでストレスの多い現代社会で気分が落ち込んだり、集中力が途切れた際の疲れた心をリフレッシュしたい時に使って欲しいのが『ジュニパー』です。

 
ジュニパーは北半球各地に広く分布する日のヒノキ科の常緑樹で、その熟した実を乾燥させて水蒸気蒸留で抽出します。

 
実を使っている事からジュニパーベリーとも表記されています。

 
効能は、精神浄化に特化しており心身的ストレスが多い時や感傷的になっている時に使用すると落ち着き、幸福感や精神安定・集中力増進を促します。

 
ブレンドレシピとして相性がいいのが心の感覚を研ぎ澄ます効果のあるローズマリーで、古くから空気浄化のためにこの二つの枝を用いて炊いていたという記録も残っています。

 
また、心に安らぎを与える効果のある柑橘系の代表的なスイートオレンジも上記の二つとは相性がよく気分を落ち着けて眠りにつき翌朝にすっきりと起床をしたいときなどは三種をブレンドするとよいでしょう。

パインは松から採取して作られる精油です。
森林の香りにも似たフレッシュな香りを有しており、
心が弱っている時に精神状態を回復させてくれます。

 
この松はシベリアや北欧等に分布しており、
パインの精油は古くはギリシャ時代や古代エジプトなど、
古代文明の時代から肺炎の治療や気管支炎の治療などに
役立てられてきた記録が残っています。

 
パインの精油が持つ効能は、
抗菌作用や殺菌消毒作用・デオドランド作用などが有名です。

 
気管支の分泌物の粘土を下げてくれるので、
抗菌作用と合わせて呼吸器系の病気の治療に役立ち、
息切れや鼻づまりなどの緩和も期待できます。

 
また、腎臓浄化作用もあるため、
泌尿器科系の感染症にも効果を発揮すると言われています。

 
また、切り傷や炎症・鬱血などの肌荒れを綺麗に修復してくれることから、
美容の面でもお薦めの精油です。

 
ただし刺激が強い精油のため、少量を希釈し利用することをおすすめします。

 
このパイン精油を使ったおすすめレシピとして、
胃腸の疲れを癒すブレンドをご紹介します。

 
パインの精油3滴に対し、ペパーミントを1滴、
ラベンダーを2滴加えるレシピです。

 
パインに加え、ラベンダーの効能が、
宴会などで疲れた胃腸を優しく癒してくれるブレンドです。

観葉植物04

 

 

パイン精油は森林に似たフレッシュな香りを持つ精油です。

 
森林の空気に多く含まれる成分が主成分のため、
香りを嗅ぐだけで心をスッキリと元気にしてくれる、森林浴の効果を得ることができます。

 
パイン精油は抗菌作用や殺菌消毒作用、デオドランド消臭作用などの効果を複数備えており、
その効果は古代エジプトやギリシャ時代から既に知られていたと言います。

 
パイン精油の持つ抗菌作用や殺菌消毒作用は、
特に呼吸器系の症状と相性が良く、
古代エジプトやギリシャでは、肺炎や気管支炎、結核の治療に用いられていたそうです。

 
パイン精油は去痰作用や炎症を抑える作用があるため、
ひどい咳が続くときや百日咳、気管支炎の時などに、
咳の症状を楽にし、鼻づまりやアレルギー症状を和らげてくれるでしょう。
咳がひどい時や喉が辛い時におすすめの、パイン精油を使ったブレンドレシピをご紹介します。

 
パイン2滴に対し、タイムを2滴、そしてユーカリを2滴混ぜましょう。
ユーカリの精油はメジャーな精油のため比較的手に入れやすく、
パインと同じく強い抗菌力を有しているため、喉の症状に有効です。

 
パインもユーカリも、強い抗菌力を持っているがゆえに、

 
刺激も強い精油ですので、皮膚に直接原液を付けることがないよう気をつけましょう。

アロマテラピーなどで使用される精油の一つにパインがあります。パインといってもパイナップルではなく、松の葉から精製されたもののことを言います。

 

香りは森林を思い起こさせるようなさわやかな香りです。

 

そのためリフレッシュしたい時などに使用されることが多いようです。また、パインには抗菌作用もあるので部屋の空気をきれいにする効果も期待できます。

 

また、お風呂などで使用すると体を温め、風邪の予防や肩こりの改善などが期待できます。

 

パインの精油を使用するときの注意点としては、アロマオイルとして使用される精油のパインは学名が「Pinus sylvestris」というものです。

 

それ以外のパインから精製された精油は皮膚刺激が非常に強いものもあるので気をつけてください。

 

また、敏感肌の人は初めて使用するときには気をつける必要があります。

 

アロマテラピーでは、好みの香りを作るのに、精油をブレンドすることが多くあります。ブレンドするときのコツとしては、同じグループの精油をブレンドすると相性がよく良い香りとなる確率が高くなります。

 

しかし上級者の場合にはさまざまなブレンドを楽しんでいる人も多いようです。

 

ブレンドして精油を作る場合にも、敏感肌の人は刺激の強い精油は避た方がよいでしょう。

 

 

精油でパインというものがあります。パイナップルではなく、別名「ヨーロッパアカマツ」で松から採取した精油です。松から想像通りの樹木系の清々しい香りです。

 

森林の中にいるような気分で心を開放し、浄化する作用を持っています。心が弱っている場合にすみやかに元の状態へと導いてくれる力があります。

 

 
その他、身体面では抗炎症作用が優れていて、インフルエンザや気管支炎、咽頭炎などの呼吸器系の症状を緩和する効果が期待できるので風邪を引いた時に使用すると良いでしょう。

 
血液にも良いとされています。すばやく血液に入り込むので、血液循環を刺激して血のめぐりを活性化してくれます。

 

加温特性とともにリューマチや痛風などの筋肉のコリの緩和にも役立っています。

 
また美容面でもお肌に良いとされています。水分のバランスを取って肌をひきしめたりしてくれます。

 

主に抗炎症作用が働き、うっ滞した肌や切り傷や湿しん、アトピーなどの炎症で起こった肌の荒れを修復してくれる事に役立ちます。

 
パイン精油は皮膚に直接塗って使用する場合に皮膚の刺激を訴える人が多い精油です。

 

高濃度で使用すると刺激がありますので、希釈して使用するなど、使用量に注意が必要です。

パインは松から採取される精油で、
モノテルペン炭化水素類のα-ピネンを主成分として含んでいます。

 
この成分が多く含まれるのは、
主に森林の空気の中といわれており、
パイン精油の香りも森林に似たフレッシュな香りです。

 
パイン精油の香りを嗅ぐだけで、
森林浴と同じ効果を得られるとも言われています。

 

 

パインは心と身体の両方に効能を及ぼす精油です。

 
この香りは強壮作用があるため、
精神面には神経疲労を和らげてくれる
無気力状態から奮い立たせてくれる、
弱った心を立て直してくれる等の作用が認められます。

 
身体面では、呼吸器系と相性がよく、
古代エジプトやギリシャでも呼吸器系の炎症の治療にパインを利用していたことが、
記録されています。

 
パイン精油は強力な抗菌作用を有しており、
更に強力な殺菌消毒作用も有しているため、
気管支炎や百日咳などの呼吸器の炎症症状を緩和してくれます。

 
更に去痰作用があり、痰の粘度を下げて外への排出をしやすくしてくれるため、
重い鼻づまりの緩和やひどい咳、
花粉症やアレルギーの諸症状にも効果が高いと言われています。

 
パイン精油の持つ殺菌作用は、炎症を早く修復してくれるため、
切り傷を作ってしまった時にもきれいに早く治してくれるでしょう。

 

 

パインの精油は、とてもフレッシュで心地良い森林の香りです。芳香浴をしていると、緊張や気持ちの疲れを解きほぐし、リフレッシュさせてくれます。

 

まるで、森林浴をしている様な、すがすがしく爽やかで、落ち着いた開放的な気分にさせてくれます。

 

この様に、精神面での効果がとても多い精油ですので、気分の落ち込んだ時にはぜひ試していただきたいものの一つです。

 
また、血流の刺激作用があるので、体を温める作用があります。そのため、アロマバスでの使用がおすすめです。

 

入浴時に使う事で、より体を温め、リフレッシュ効果を得られます。

 

冷え性で悩んでいる方や、筋肉痛、肩こりの方にも向いています。また、抗菌作用もありますので、インフルエンザ等の対策面でも冬にはオススメです。

 

ただし、肌や粘膜への刺激作用があるため、敏感肌の方や植物性アレルギーがある方、肌に刺激を感じた方は濃度を薄めて使用して下さい。

 

妊娠されている方も避けた方が良いでしょう。

 
この様に、いくつか注意点はありますが、多くの人に好まれる香りで使いやすい精油です。

 

精神的に落ち込んだ時にはぜひ使ってみて下さい。

 

また、血流が悪くなると美容や健康にも害がありますので、冷えが気になる方も利用してください。