パインの精油について

 

パインは松から採取される精油で、アロマテラピー等にりようされます。
主成分としてモノテルペン炭化水素類α‐ピテンが含まれていますが、この成分は森林の空気の中に多く含まれているものです。
そのため森林にもたとえられるフレッシュな香りを有しており、心が弱っている時に香りをかぐと、疲労を回復し心を立て直してくれる効果があります。
主成分から森林浴効果も期待できると言われています。
この精油は古くから呼吸器系の炎症の治療に用いられていた記録があり、古代ギリシャやエジプトで、肺炎や気管支炎、結核の治療などに充てられていた記録が残されています。
効能として去痰作用があり、殺菌消毒作用や炎症を抑える作用があるため、特に呼吸器系の症状と相性が良く、百日咳などのひどい咳症状や、鼻づまり、花粉症の症状緩和にも効くと言われています。

 

また、デオドランド効果を持っているため、消臭スプレーとして利用する他、ノミが嫌う香りのためノミよけに利用するのもおすすめです。
血液の循環を良くする効果も、身体への作用として知られています。
また、この精油は美容にも効果的です。
切り傷や炎症などをきれいに修復してくれる作用があるため、
肌荒れに効果的と言われています。

 

 

松の針葉が醸し出すフレッシュで心地よい香りのパイン。この香りを深く吸い込む

 

と、あたかも森林浴をしているかのようで、心身ともにリフレッシュできます。
パインは優れた芳香作用だけでなく、その抗菌作用も知られています。

 

アロマポットなどに数滴垂らせば、気分のリフレッシュとともに、お部屋の消臭殺菌

 

作用も期待できます。
パインの主成分はモノテルペン炭化水素類のα-ピネン、β-ピネンです。

 

このα-ピネンはモノテルペン炭化水素類という森林の空気に多く含まれるもので

 

す。パインの香りに森林浴効果があるのはこのためです。
また、モノテルペン炭化水素類のα-ピネン、β-ピネンには強壮作用もあるので、

 

無気力の症状や疲れた心をリフレッシュさせ、元気にしてくれます。
ネイル技能検定資格取得はこちらです。
 

神経疲労や集中力が欲しい時に効果的です。
それにパインに含まれる酢酸ボルニルも重要です。

 

これは、松葉の爽やかな香りを持ち、森の香りとも称され、抗炎症作用た鎮静作

 

用も知られています。
そのため、リフレッシュや初期の風邪を克服するために、パインを使ったアロマバ

 

スなどは非常に有効です。ただ、パインは皮膚に対して刺激があるので、

 

敏感肌の方は、異常のないことを確認してからご使用ください。

shutterstock_97489289